マイナス1歳

お腹にいる赤ちゃんには様々な影響があります。妊娠してから妊娠12週の終わりまでが一番影響を受けやすく、赤ちゃんの身体がつくられる時期です。薬や放射線、感染症の影響を排除したい時期ですから、むし歯や歯周病は日頃から治しておき、良い状態を維持しておくことが妊娠前に求められます。先天性疾患は歯や歯ならびにも影響を与えます。生まれてくる子のためにも、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟姉妹のお口の中の状態が良い状態にしておくことが重要です。虫歯菌や歯周病菌は、ご家族から感染するのです。

0歳

歯がないのに?でもPRO予防矯正®協会加盟の歯医者さんを受診してみてください。実は将来の歯ならびはここから始まっています。母乳の飲み方、飲ませ方、ミルクの飲ませ方、使用する器具、離乳食の与え方、内容などいろいろなことが将来の歯ならびに影響します。ぜひ情報を得てください。そして、歯医者さんに慣れていきましょう。6歳になると、こどもの歯(乳歯)がはえてきます。0歳から予防歯科は始まっています。仕上げ磨きの方法やフッ素の賢い利用法、お口を育てる「おしゃぶり」の使用法を聞きに来てください。

1歳~
2歳

早い子だともうむし歯ができる子がいます。でも0歳から意識して予防歯科をしている子は大丈夫。いろいろな食べものを見る、触る、噛んで味わう経験を通して自分ですすんで食べようとする時期ですね。お口の発達にとってとても大切な時期です。こどもの噛む機能や飲み込む機能に応じて、調理形態に配慮をしていくことも、将来の歯ならびに影響していきます。いちばん大切なことは、呼吸です。鼻呼吸ができているでしょうか。姿勢の良い自然な食べ方、飲み込み方をしているかどうかを見守る時期です。将来の歯ならびに直結するお顔の骨の成長に影響を与え始めます。

3歳

このころに子供の歯がはえそろいます。呼吸、姿勢、舌の位置、飲み込み方などをPRO矯正®医院で専門家に確認してもらいましょう。このころに受け口であったり、上下の前歯が噛んでいないようなことがあれば、生活習慣や本人の習慣的なクセなどのどこかに問題があるかもしれません。早期対応がよい場合もあります。

4歳~
5歳

こどもの歯だから少しくらい虫歯になっても大丈夫?そんなことはありません。虫歯になると歯ならびが悪くなります。歯を削ると歯の形が変わります。こどもの歯(乳歯)の大きさには意味があり、大人の歯がはえるスペースをつくっています。このスペースがなくなると歯ならびが悪くなるのです。将来の良い歯ならびとむし歯や歯周病で悩まない未来のために、このころに身につける予防習慣は、とても大切です。

食育セミナー

6歳

いよいよ大人の歯がはえてくる頃です。PRO予防矯正®を始めるのに最適な時期です。成長期の初期に歯ならび治療をおこなう意義は、悪い歯ならびになる生活習慣や本人の習慣的なクセを除去して、お顔の骨の発達を正常にうながし、その子に本来備わっている歯ならびに誘導してあげられるというところにあります。成長期に早く始めた子のほうが、早く矯正治療が終了する傾向があります。「自分で治したんだ」という本人の心の育成がしやすいのもこのころです。

4歳からできる 悪い歯並びの原因を予防する矯正治療

7歳~
9歳

こどもの歯(乳歯)が大人の歯(永久歯)に生え変わっていきます。成長の後期になればなるほど、歯ならびの治療のために使用する矯正装置が増えていきます。お父様お母様にとって、こどもの歯ならびが気になるのもこの頃が最も多いようです。幼少期から予防歯科に力をいれて、自分で自分のお口をきれいにするという習慣ができている子、仕上げ磨きをしてもらっている子、悪い歯ならびを予防するためにはどうしたら良いかという知識を実践してきたかどうかの差がはっきりと現れる時期でもあります。

10歳~
12歳

ほとんどの歯が大人の歯(永久歯)になるころです。そして、このころになるとPRO予防矯正®の最適な時期を過ぎてしまっていることがあります。お顔の骨の成長の時期にもよりますが、私たちの治療効果がしっかり発揮できない可能性があるのがこの時期です。このころには、精密マウスピース型矯正装置での治療を選択することで、歯を抜いて矯正治療をしなければならないことを回避できる可能性があります。思春期に入る前に、相談をしてみてください。

10歳からできる マウスピース矯正

13歳

すべてが大人の歯になっている子の場合には、精密マウスピース型矯正装置での治療が選択されます。 PRO予防矯正®では、これらと併用して悪い歯ならびの原因となった生活習慣や本人の習慣的なクセを除去する指導を行います。マウスピース型矯正装置は、10代からでも使用できますし、60代の方でも可能です。ワイヤー矯正とは異なり虫歯になるリスクが少なく、大事な場面では矯正装置を外すことも可能です。矯正治療は子供のみがおこなうものではありません。悪い歯ならびは、将来のむし歯や歯周病によって歯を失うリスクがあります。いくつになっても食事の楽しみを味わい、衰えを感じさせない口元でいられるように、矯正治療は必要なのです。

10歳からできる マウスピース矯正