なぜ、お子様の歯ならびは
悪くなるのでしょうか?

みなさん、悪い歯ならびのすべてが遺伝ではありません。現代のお子様は、乳児期から本来自然状態で育成されるスタイルとは異なった環境や道具にて育成されています。その結果がお子様の歯ならびに大きく影響しています。
まずは、お子様の歯ならびが悪くなった原因を一緒に考えましょう。ここがPRO予防矯正®のスタートラインです。

お子様にこんな習慣様子みられませんか

  • 唇が閉じていないことがある
  • 鼻がよくつまっている
  • 横顔が平坦
  • 口に力を入れて水を飲んでいる
  • 話していると舌が出る
  • 姿勢が悪い

お子様の口の中口の周りこのような特徴はみられませんか

  • 舌の圧痕
  • 頬粘膜のスジ
  • お口がだらし
    なく空いている
  • お口を
    閉じさせると
    アゴにシワが
    できる
  • 水を飲ませると
    口の周りの
    筋肉が動く

このような習慣や様子が続くと、
上アゴの発達が悪くなり
下アゴはその影響を受けてしまいます。
アゴがうまく成長しない場合、
歯ならびはどんどん悪化します...

  • 歯がデコボコ

  • 出っ歯

  • 受け口

  • すきっ歯

  • ガミースマイル

PRO予防矯正®で、
悪い歯ならびの原因である
生活習慣から改善しましょう!

  • 悪い歯ならび生活習慣病
  • 良い歯ならびの育成生活習慣の改善

ふつうの矯正とどう違うの?

PRO予防矯正®の治療方法について

アクティビティ×矯正装置、二方面から原因の治療を行います!

PRO予防矯正®のPROとは、Posture(姿勢)Respiration(呼吸)Oral appliance(矯正装置)の頭文字からきています。
PRO予防矯正®では、舌の位置、鼻呼吸がとても重要視されており、矯正装置も成長を手助けすることを主目的として使用します。
無理に歯を動かしたりせず、その子に本来備わっている歯の位置に誘導してあげることが大切だからです。
アクティビティ
呼吸の改善
口呼吸は、悪い歯ならびの元凶です。
鼻呼吸ができるように改善します。
舌の位置の改善
安静にしているとき、舌は上の前歯の後ろに位置します。
これは上のアゴの発達にとても影響します。
正しい飲み込み(嚥下)の改善
食事中に頻繁に水分をとっていたり、流し込むように食べていると歯ならびに影響がでます。
姿勢の改善
姿勢を正すと呼吸が良くなります。全身の姿勢から改善をうながしていきます。
矯正装置
マウスピース型トレーナー
取り外し可能な機能的
矯正装置
前方牽引装置
外からは見えない
固定式の矯正装置
  • 生活習慣や習癖の
    改善からスタート

    悪い生活習慣や習癖によって発育に問題が生じると、アゴや歯にも異常が生じます。PRO予防矯正®では、まずこの原因を治療します。

  • 6歳から
    始めるのが最適

    治療は成長発育段階で開始するほうが効果的で早く終わります。6歳からのスタートで7割のこどもが2年~3年で治療を終えています。

    年齢別矯正のポイント

  • 歯だけをみて
    治療はしません

    歯が並ばないからという理由で、無理に歯を動かすような治療はしません。その子が持つ本来の歯の位置に誘導してあげることが大切です。

  • 専門家たちとの
    協力体制

    原因の改善は歯科衛生士、管理栄養士、言語聴覚士そしてアクティビティ・プロバイダーといった専門家との協力によって実現します。

  • 母乳、ミルク、離乳食、
    幼児食の与え方、内容の指導

    悪い歯ならびになる原因は、赤ちゃんのときからはじまっています。知らず知らずのうちに生じている様々な要素が将来の歯ならびに影響します。

  • マイナス1歳から60歳くらいの
    方まで幅広く対応しています

    すべてが大人の歯になっている方は、矯正装置を併用して原因を除去する指導を行います。いくつになっても食事を楽しみ、若々しい口元でいられるよう、矯正治療は必要です。

従来の矯正治療方法との違い

PRO予防矯正®は、従来の矯正方法とは
明確に目指している結果が違います。

歯ならびの仕上がり方が違う
「大人の歯がはえるスペースがないから、取り外しのできる矯正装置で広げましょう」こんなことを言われて右の写真のような装置をすすめられたことはないでしょうか。この装置には決定的な弱点がいくつかあります。①舌が上顎に触れなくなります。その結果、舌が正しい位置におさまることができず、口呼吸を誘発することになります。また、舌による上アゴの発達も阻害することとなります。②歯ならびが噛む面からみると四角いアーチを描く傾向があります。これは自然な歯ならびの形ではなく、将来的にかみ合わせの問題を生じる可能性が高いです。さて、こどもの矯正治療で一番大事なことはなんだったでしょうか。そうです。一番大事なことは、歯だけを見ずに、その子のきれいなお顔を育成してあげることです。これができるのは、アゴの成長力がある小学生ごろの時期のみなのです。
矯正後の歯ならびが再び悪化しずらい
PRO 矯正は、アゴの正常な育成を目指し、その結果として、その子の本来の歯ならびになるように誘導します。そのため矯正治療の終了後に、保定装置といわれる歯ならびの維持装置をいれる必要がありません。これらの保定装置は、使用をやめると歯ならびが悪くなるため、かなり長い期間使用することを求められます。しかし、PRO予防矯正®では、その子の歯をワイヤーなどで無理に動かしていないため、そういった装置を使用する必要はありません。せっかく時間をかけて治療したのに、歯ならびがまた悪くなってしまったら悲しいですよね。PRO 矯正は、歯ならびが悪くなった原因を治療対象とするため、再び歯ならびが悪くなりづらいのです。
小学生の間に治療を終えるのが目標
従来のこどもの矯正治療は、ワイヤー矯正を前提としたような治療がほとんどです。残念ながら、ワイヤー矯正ができるまでの時間稼ぎのような治療も存在します。つまり、そもそも小学生のうちに治療を終えるという目標ではなかったりするのです。PRO予防矯正®では、小学生の間に治療を終えることを目標にしています。都市型の生活の中で習慣化された育成により身についてしまった異常な習癖を除去し、正しい舌の位置、鼻呼吸、姿勢を確立することで、アゴの成長を育成し、その上で歯の誘導を図ることを小学生のうちに行います。
PRO予防矯正®にかける当院の想い
PRO予防矯正®は、アゴの骨や口の周りの筋肉を治療対象としています。歯が並ばないから、お口の中に装置を入れてネジをまわして、口の中を広げましょうというような治療はしません。現代様式の都市型生活の中で育成されるこどもたちにとっては、その原因となる生活習慣や習癖が生じてしまうことは仕方のないことです。だからこそ、私たちはこどもたちの育成に治療という形で介入する必要があると考えています。PRO予防矯正®が他の矯正治療と異なるのは、原因を治すためにその道の専門家である言語聴覚士や管理栄養士、保育士が協力してくれるところなのです。原因を治さない矯正治療、歯だけしかみていない矯正治療よりも、こどもの負担の少ない、長い将来を見据えた矯正治療を選択してください。