むし歯の予防

むし歯になる原因について

むし歯になる原因について
むし歯が生じるには4つの要素が必要です。1つ目は当たり前ですが歯があること。2つ目は、むし歯菌が存在すること。これはみんな持っていますね。3つ目は、むし歯菌の栄養素であるショ糖を摂取すること。4つ目が、時間という要素です。この4つの要素が関係してむし歯は生じます。むし歯菌は量の問題があります。汚れが多いほど菌量は多く、むし歯のリスクが高くなります。むし歯菌はショ糖を栄養素として酸を生じさせます。そのショ糖を摂取するタイミング(時間)によって、むし歯になりやすい甘味習慣であったり、なりにくい習慣であったりします。わかりやすい例が、だらだら食べです。清涼飲料水のペットボトルを常に持ち歩き、ずっと飲んでいるとお口の中に常に虫歯菌の栄養素を補給していることになるのです。最後に、歯ならびです。歯ならびが悪いと、汚れがたまりやすいということと、磨きにくく清掃しにくいという問題があります。これは虫歯になるリスクを高めます。歯ならびが悪いおじいちゃん、おばあちゃんがいないことには理由があります。

こどものむし歯にありがちな原因

まとめになりますが、

  • むし歯になりやすい甘味習慣を理解していないこと
  • 毎日のホームケアができていないこと
  • 歯ならびが悪いこと

があげられます。もちろん、効果的な予防処置を歯科医院でうけていることも重要ですね。

どのように こどものむし歯を予防するのか?

どのように こどものむし歯を予防するのか?
いわゆる「だらだら食べ」といわれる甘味習慣をやめること。こどもの自立した歯みがき習慣を根気よく育ててあげること。そして、歯ならびをきれいにしてあげることです。その上で、効果的な予防処置をうけることが重要です。予防処置をうけていても、それ以前に解決しなければならない前提があります。

将来の歯周病予防

歯周病になる原因について

歯周病になる原因について
歯周病は細菌感染症です。菌が歯のまわりに感染して、毒素を出します。この毒素によって骨が溶けるのが歯周病です。歯周病の種類はかなりたくさんあり、一度感染するとほぼ除去できません。歯周病菌は、そんなに悪さをしない菌から凶悪な菌まであります。実は、これらの菌の感染については、法則がありあまり悪さをしない菌から順番に感染していきます。小学生の時にいきなり凶悪な菌に感染してしまうということは通常はありません。どんどん積み重なるように菌の種類が増えていき、最終的には凶悪な菌が感染してしまうのです。ですから、お子様の歯周病予防は、小さい頃から歯周病の菌の種類を増やさないことが重要なのです。歯周病はお子様には関係ない、ということはなく、ご家族のお口の中の状態も深く関わって来ます。

歯周病菌ピラミッド

どのように将来の歯周病を予防するのか?

どのように将来の歯周病を予防するのか?
歯周病菌の菌の種類をいかに増やさないかという視点が大事になります。ご家族の歯周病の状態は非常に関連があります。家族全体で歯周病を予防することが大事になります。そして、お子様が自らきちんとした口腔衛生管理ができるように自立を支援してあげることが必要です。小学生のうちは甘味習慣の管理や仕上げ磨きをしてあげられますが、中学生以上ともなると自己管理できるかが鍵となります。小学生のうちに身につけられなかったことを中学生から身につけることはなかなか難しい傾向があります。家族全体で歯周病予防を行い当然のようにお子様にも身についていく環境を、自宅と歯科医院で作っていきたいですね。

将来の悪い歯ならびの予防

歯ならびが悪くなる原因について

歯ならびが悪くなる原因について
歯ならびが悪くなることの原因の多くは遺伝ではありません。歯ならびが悪くなる原因を一言でいうと、舌の位置です。舌の位置が悪くなり、口呼吸になることで、上アゴの成長方向に異常が生じます。上アゴの異常に対応して、下アゴもおかしくなってきます。歯はアゴの骨にはえていますから、アゴの成長に異常があれば、歯ならびは悪くなります。これらに加えて、お口まわりの筋肉の異常な緊張であったり、唇や指を吸っていたり、姿勢が悪かったりといったことが複雑に関係しています。

どのように悪い歯ならびを予防するのか?

どのように悪い歯ならびを予防するのか?
悪い歯ならびの予防は、赤ちゃんの時から始まっています。母乳や離乳食をどのように与えるのかというようなことが将来の歯ならびには大きく影響しているのです。現代社会に住む我々としてはどうしようもできない部分もありますが、知っていることで、いろいろなことに気づけたり、防ぐことができたりするのも事実です。こどもの成長はとても早く、お口まわりの筋肉や舌の不自然な機能異常は簡単に身についてしまいます。